ストーマ手術後最初の数日間および数週間

ダンサック:新型コロナウイルス 感染症のパンデミック(世界的な大流行)に関する現在の状況 詳細はこちら

ストーマ手術後最初の数日間および数週間

ストーマ手術後に目覚めた後、また術後数日間および数週間の間に予期すべきことについてご説明します。

woman-walking-down-city-street-understanding-a-colostomy

ストーマ手術後に予期すべきことについてご説明します。

ストーマ手術後最初の数日間は、回復に集中します。 新しい生活に慣れるにつれ、不安を感じることがあるかもしれません。 しかし、前もって予期すべきことがわかっていれば、来るべきことに備えて心の準備をすることができます。

ストーマ造設後の目覚め 

手術後に目覚めた時に予期すべきことを以下にご紹介します。

  • ストーマに腫れがみられる場合がある
  • 医師および看護士が術後にストーマを点検できるように、透明なドレイン パウチが装着されている
  • ドレイン、点滴、尿カテーテル、硬膜外カテーテルが身体に装着されている
  • その後、ストーマが機能し始めると、退院の準備のために、ニーズに合ったパウチ システムを選択し、装着することができる


手術後は、脱力感を覚えたり、感情的になるかもしれません。 これは全く普通のことです。 回復には時間がかかります。 

手術後最初の数日間および数週間 

手術からの回復時は、ストーマのケアをすることが困難な場合があります。 しかし、回復が進んで体力が付いてくると、より簡単に手早くケアができるようになります。 

自宅に戻って最初の数週間は、当然のことながら、毎日のストーマ ケアには時間がかかります。 ストーマ ケアに自信が持てるようになると、手順やパウチ交換の効率が良くなり、お手洗いに行く時間がほんの数分長くなるだけになります。 

術後は下腹部が腫れる場合があるため、ゆったりとした服を身に着けるようにしてください。 定期的に体を動かすようにしましょう。 立ち上がって家の中を歩いたり、庭に出たりすることによって、全体的な血液循環を促し、骨盤や下肢の膨張感や不快感を和らげます。

避けるべき活動

オストミー手術後のヘルニアは懸念すべき問題です。 特定の活動は、下腹部に不快感を与え、ストーマ周囲のヘルニアの危険性を高める可能性があります。 術後数日間は、以下の活動を控えてください。 

  • 草刈りまたは芝刈り 
  • 乳母車、ベビーカー、スーパーマーケットのカート、または車いすを押すこと
  • 庭の穴掘り
  • 重いものを持ち上げること
  • 家具の移動または掃除機の使用 


傍ストーマ ヘルニアを防ぐ方法については、こちらをクリックしてください。 ストーマ ケア専門の看護師が詳しいアドバイスを提供します。

また、術後最初の数週間は、車を運転しないでください。 薬剤および麻酔の副作用によって、反応時間が遅くなり、集中力が低下する場合があります。 運転を再開する前に、安全に車を操作できる能力があるか確認する必要があります。 ストーマ ケア専門の看護師に指示を仰いでください。 また、腹部手術後の運転再開に関する特別な指示があるかどうかを保険会社に確認することをお勧めします。

自分自身に対して寛大になることが大切

回復には浮き沈みがあります。 最初のうちは 2 歩前進したように感じても、次の日には 1 歩後退するように感じることもあります。 泣きそうになったり、イライラしたり、落ち着きがなくなったりするかもしれません。 これは手術後や回復期には普通の反応です。 家族や友人にあなたの感じていることを話して理解を求めることにより、不安が和らぎ、自分の感情をより良く理解できるようになります。