ストーマ傍ヘルニアの予防

ダンサックの声明– COVID-19&サプライチェーンの 詳細はこちら

ストーマ傍ヘルニアの予防

ストーマ造設術後に、ストーマ傍ヘルニアを発症する可能性はいつの段階でもあります。ストーマ傍ヘルニアとは何か、ストーマ傍ヘルニアを予防するにはどうすればよいか、見てましょう。

family-enjoying-breakfast-together-on-back-porch-deciding-what-to-eat-after-stoma-surgery

ストーマ傍ヘルニアについて

ストーマ傍ヘルニアとは、ストーマを造設している多くの人に発生する一般的な合併症です。しかし、ストーマを造設した全員がストーマ傍ヘルニアを発症するわけではありません。

ストーマ傍ヘルニアは、ストーマ造設術後、数週間、数か月、または数年経ってから発生します。ストーマ傍ヘルニアの発症リスクは年齢とともに高くなります。そのほか、手術法、筋力低下、複数回の腹部手術などが要因として挙げられます。 肥満、や咳、力みなどもストーマ傍ヘルニア発症の可能性を大きくする原因になります。

ストーマ傍ヘルニアとは?

ストーマ傍ヘルニアは、腹壁の脆弱化により発症し、臓器または臓器の一部(通常は腸)が異常隆起します。 この腹壁の脆弱化が原因で、ストーマ傍ヘルニアがストーマ周囲の腹壁に膨隆して現れます。 ヘルニアの大きさや形状によって、ストーマ周囲皮膚の表面に凹凸や張りが発生する場合もあります。


Hernia

傍ストーマ ヘルニア


Hernia

ヘルニア形成を横から見た様子


ストーマ傍ヘルニアの大きさと形状は、姿勢によって変わります。横になっているときはあまり目立たない傾向にあります。また、ストーマ傍ヘルニアは極端に小さいか、極端に大きくなることもあります。

ストーマ傍ヘルニアはゆっくりと進行するのが一般的です。ストーマ ケア専門看護師や外科医に診てもらうまで、ヘルニアの存在に気が付かないこともしばしばです。ヘルニアの外観に悩む方もいらっしゃるので、ヘルニアがなぜ発生するのか、どのように予防できるのかを理解することが重要です。

ストーマ傍ヘルニアを予防するために

重い物を持ち上げたり、激しい運動による力みが原因でストーマ傍ヘルニアを発症するリスクは、一般に鼠径部ヘルニアを発症するリスクよりも高くなります。これは、ストーマを造設する手術の際に筋肉が切断され、それによって術後の筋力が低下するためです。

ストーマ傍ヘルニアを予防するための方法は以下の通りです。

  • 術後約6週間までは 2 kg(約5 ポンド)を超える物を持ち上げない。重い物を運ぶ必要があるときは、カートや台車を使うか、誰か他の人の手を借りてください。
  • 軽い運動をする。 腹部のストレッチ運動、骨盤挙上運動、散歩などを行ってください。腹筋運動など、腹筋を鍛えるエクササイズは無理せず慎重に行ってください。手術前後に、ストーマケア専門看護師から運動についてのアドバイスを受けてください。
  • 体重管理を行う。適正体重を保ってください。 
  • 必要に応じて、補正下着を着用する。 ストーマケア専門看護師が必要であると判断した場合は、あなたに相談したうえで、あなたのニーズに合った補正下着を提案してくれます。


ストーマ傍ヘルニアが疑われる場合

ストーマ傍ヘルニアを発症していると思われる場合は、ストーマケア専門看護師にご相談ください。 ストーマケア専門看護師が腹部を診て、その管理方法を提案してくれます。