ストーマ手術後の身体の変化に対する感情のコントロール

ダンサックの声明– COVID-19&サプライチェーンの 詳細はこちら

ストーマ手術後の身体の変化に対する感情のコントロール

ストーマ手術後は感情的になるかもしれませんが、これは全く自然なことです。 湧き上がるさまざまな気持ちや感情を探り、それに対処するためのヒントをいくつかご紹介します。

man-observing-stoma-pouch-on-his-abdomen-thinking-about-body-image-concerns-with-a-stoma

ストーマ手術後の感情のコントロール方法について学びましょう。

ストーマ手術後は、非常に感情的になることがあります。 その原因の 1 つとして、突然大きく身体が変化することが挙げられます。 手術後数週間および数か月が経つまでつらい思いをするかもしれません。 このような課題は対処方法が分かると気持ちが前向きになります。

快復期の感情段階

術後は、以前の身体のことがしのばれるかもしれません。 現在の状態を受け入れられるようになるまでに、いくつかの段階を経験します (下の図を参照)。 この悲嘆の段階はどの順序でも起こり、前進と後退を繰り返して、徐々に適応と受容に近づきます。 このような段階を知ることで、しばらくの間順調だった後で突然うまくいかなくなったときの感情を理解し、感情の波を認識できるようになります。

ストーマ手術後に感じる喪失感

悲嘆は深い喪失感によってもたらされます。 この喪失感は、排便のコントロールという身体機能だけでなく、今までの自分や今までの生活に対するものとも考えられます。 自分自身に対する自信の喪失やストーマ手術前はできていたことの一部の機能喪失など、その他の側面もあります。

しかし、これまでの人生で経験してきた他の喪失感のように、この喪失感もサポートを受けながら一歩ずつ克服することができます。

ストーマ手術後の怒りへの対処方法

ストーマ手術後に怒りを感じる人は大勢います。 「なぜ私が?」と問いかける人もいます。これは自然な悲嘆過程です。 怒りに向き合うことで強さが得られ、自らの課題を克服できるということを認識できるようになります。

ただし、怒りは強いネガティブな感情に変わることもあります。 鬱積した怒りはエネルギーを消耗し、悪くすると、心配してくれる人への攻撃的な態度につながることがあります。 愛する人たちに怒りをぶつけてしまうことで大切な関係が傷ついてしまう恐れがあるため、この段階をコントロールすることが重要になります。

以下に、役に立つヒントをいくつかご紹介します。

  • 自分をよく知っている人と「怒りの原因」について包み隠さずに話し合う
  • 建設的な行動を起こす。 運動、深呼吸、リラクゼーションなどを行って、怒りを発散する方法を見つける。
  • 親密な関係にある場合は、怒りをパートナーに向けないようにする


心配、恐怖、不安への対処方法

将来に対するさまざまな激しい感情に立ち向かうこともあります。 病気の再発、パウチ システムの使用に慣れるかどうか、人間関係と社会生活に及ぶ影響、その他多くの不確実なことが心配になるかもしれません。 このような不安がストレスの引き金となり、パートナー、家族、友人などのあなたを大切に思う人たちから距離を置いてしまう原因にもなります。

以下に、役に立つヒントをいくつかご紹介します。

  • 恐怖や心配についてパートナー、身近な家族、または友人と話をする。 不安を共有するだけでもストレスの軽減に役立ちます。 解決策を提案してもらえるかもしれません。
  • ストーマ ケア専門の看護師またはヘルスケア チームと会う約束を取り付けて、医学的な不安を話し合う。 専門家の意見を聞くだけでも根拠のない不安を和らげてくれます。
  • オストミー装具またはストーマ ケアに関する悩みをストーマ ケア専門の看護師に打ち明ける。 解決策や安心感が得られます。

不安が続いたり、時間が経っても改善されない場合は、ストーマ ケア専門の看護師または医療機関にサポートを求めましょう。 前向きになれるように、カウンセラー、精神分析医、または薬剤を紹介してくれるでしょう。

最後に

ストーマ手術後に経験する感情の高ぶりは、起きたことに対する正常かつ当然の反応だということを忘れないでください。 将来に向けて希望を持ち楽観的な目を向けることができるように、このような感情を打ち明けて必要なサポートを見つけましょう。