ストーマ造設によるボディイメージへの不安

ダンサック:新型コロナウイルス 感染症のパンデミック(世界的な大流行)に関する現在の状況 詳細はこちら

ストーマ造設によるボディイメージへの不安

ストーマ造設後、身体に見た目の変化が現れることがあり、手術後のボディイメージに関して悩むことがあるかもしれません。 ストーマ造設後の身体に感じる感覚と感情との向き合い方について見ていきましょう。

man-observing-stoma-pouch-on-his-abdomen-thinking-about-body-image-concerns-with-a-stoma

ストーマ造設後のボディイメージに関するヒントをご紹介します。

ストーマ造設は肉体的にも精神的にもボディイメージを大きく変化させます。 この変化に適応し、受け入れられるようになるには時間がかかるかもしれません。しかし、時間をかけて慣れるようにしましょう。焦らず、前向きに、そして必要なときは助けを求めましょう。

ボディイメージに対する感情との向き合い方

ストーマ造設術を受けた理由やストーマが一時的なものか永久的なものかに関係なく、身体の変化と心の折り合いを付けるのは簡単なことではありません。あなたの大切な人に心を開き、正直になることが、最初に感じる心の変化と向き合う一つの鍵になります。

ストーマのある身体について自分がどう感じているか、パートナーや支えとなってくれる友人に打ち明けてみてください。 強い「負の感情」はうつや不安の原因となるだけでなく、自身のアイデンティティや、社会活動への参加意欲が低下し、周囲の人々に対するあなたの態度に影響を及ぼすこともあります。 あなたの大切な人に、あなたを理解し、支える最高の機会を作りましょう。

ストーマケア専門看護師がサポートしてくれることも忘れないでください。 ストーマケア専門看護師は、あなたが適応し回復するプロセスをサポートできるよう学んでいます。 あなたは一人ではありません。 ストーマ造設手術を受けた人であれば誰でも、このような感情と向き合うことになります。ストーマケア専門看護師には、患者様の話に耳を傾け、何を感じているのかを理解できる専門知識があります。必要に応じて他の専門家をご紹介することもできます。

ボディイメージに対する感情をコントロールするためのヒント

  • 新しい場所に出かけたり、新しい人と会ったりすることをためらわないでください。 忌避的な態度をとると、本当はそうではないのに自分はみんなから見られているというネガティブな感情が強くなります。
  • 誰かのあなたに対する好奇心について心配するのであれば、話題を変えましょう。 あなたに関する話題から話をそらし、会話の方向を変える一言を用意しておきましょう。 たとえば、「私のことはいいから、あなたのことを聞かせて」などと笑顔で言ってみましょう。
  • パートナーを惹きつけるあなたの魅力とは何でしょうか。 あなたのお腹と、パートナーがあなたに感じた魅力とは関係がありません。自分の長所を見つめてください。 あなたの内面と外見のどこが魅力的なのか考えましょう。 自分の長所と魅力を声に出し、自身に言い聞かせることによって自分を信じてください。
  • ストーマをポジティブにとらえ直しましょう。ストーマが健康で幸せなことを表すものになり、病気というイメージがなくなるかもしれません。 ポジティブな感情を育て他者と共有することで、この考えは一層強化されるでしょう。