ストーマ造設手術後の職場復帰

ダンサックの声明– COVID-19&サプライチェーンの 詳細はこちら

ストーマ造設手術後の職場復帰

ストーマ造設手術後、仕事に復帰することも可能です。医師やストーマケア専門看護師に相談してみてください。以下は職場に復帰しやすくするためのヒントです。

woman-working-on-computer-at-desk-going-back-to-work-after-an-ostomy-procedure

ストーマ造設後の職場復帰について見てみましょう。

ストーマ造設後、職場に復帰することが不安になるのは当然のことです。体が回復して職場に復帰する準備ができたら、仕事中にストーマを保護するためのいくつか行うことがあります。

職場復帰の時期

ストーマ造設手術後に職場復帰する最適な時期については、ストーマ ケア専門看護師のアドバイスを受けてください。職場復帰前に、復帰後最初の 2 ~ 4 週間は非常勤もしくは時間短縮で働くことができるかどうか、雇用者と話し合うことをお勧めします。 ほとんどの雇用者は可能な限り協力してくれるでしょう。

ストーマとともに働く際のヒント

ストーマ保有者だからといって、仕事の内容が制限されることはありません。 ただ、いくつか注意点があります。

  • 就業日は飲食を規則正しく行いましょう。
  • 重いものを持ち上げる作業の際には、サポートベルトの使用も検討してみてください。
  • 建築や建設現場での仕事については、ストーマ装具の面板辺縁部に医療用テープ等を貼付する必要がある場合があります。
  • 職場には予備のストーマ装具を置いておきましょう。

職場の環境で役に立つストーマ装具用のベルトやその他のアクセサリーについては、担当のストーマ ケア専門看護師にご相談ください。

ストーマについて職場の同僚に話す

ストーマ造設手術後に職場に復帰する際、同僚に話すことが不安であったり、または心配であったりしても安心してください。ストーマ造設手術について情報を共有するかどうかは人それぞれです。 職場の人に知られたくなければ、誰もあなたのストーマについて知る必要はありません。数人の同僚に手術のことを打ち明けたい場合は、誰にどの程度打ち明けるかを判断しましょう。