ストーマ手術後の人間関係におけるストレスとの付き合い方

ダンサックの声明– COVID-19&サプライチェーンの 詳細はこちら

ストーマ手術後の人間関係におけるストレスとの付き合い方

オストミー手術は、不要なストレスや心配を抱えることで、身近な人間関係にも影響を及ぼす場合があります。 人間関係のストレスに対して建設的なアプローチを取り、冷静な振る舞いを心掛けます。

man-observing-stoma-pouch-on-his-abdomen-thinking-about-body-image-concerns-with-a-stoma

ストーマ手術後の人間関係におけるストレスとの付き合い方についてご説明します。

たとえ体調が良好な時期であっても、人間関係とは複雑なものです。 ストーマ手術のような大きな手術の後では、人間関係はさらにいっそう複雑になる可能性があります。 所得の損失や療養中の間パートナーが介護者を務めるなどの一時的な状況であっても、かなりの負担となる可能性があります。

ストレスに建設的に対処する

ストレス、心配、怒り、不安、恐怖を抱えていると、ご自身やパートナーとの関係においても良い方向には働きません。 ストーマ手術後は、人間関係におけるストレスに建設的に対処する方法を知っておくことが重要です。 

まず、ストレスの原因を見極めます。 原因を突き止めたら、ご自身とパートナーで協力して問題の解決に取り組みましょう。1 人だけの力では、歪んだ関係の修復は難しいということを認識しておきます。

手術後の人間関係に対する取り組み

ストーマ手術後に自分でできる取り組みを以下にご紹介します。 術後、直面する人間関係の問題に対処する際の参考にしてください。ストレスを軽減し、パートナーとの絆を強めるうえで役立ちます。 先に進む前に、ここでご紹介する取り組みは他人を批判することを意図したものではないことを肝に銘じておいてください。 ストーマ手術後の人間関係を円滑にするという 本来の目的を見失わないようにしましょう。 

  1. 双方がストレスに感じている事をすべて話し合う 
  2. 問題点を書き出し、見直してから優先度順に並べ替える
  3. 最もストレスが大きいものから着手する。ただし、優先度の低いものについても話し合う 
  4. 一番目または二番目に大きな問題への対処方法について計画を立てる
  5. 優先度が一番低い問題と二番目に低い問題にもすぐに取り組む。小さな目標を速やかに達成していくことで、双方が達成感を得て前向きに取り組める 

この取り組みは、双方が感じているストレスの内容や、現在の関係にどのような影響をもたらしているのかを認識するうえでに役立ちます。 双方が、お互いに感謝の意を表すことも忘れないようにしましょう。 計画を立てたら、パートナーと一緒に取り組み、人間関係におけるストレスの軽減に努め、段階を進めます。