より良いセルフケアのためのヒント

ダンサックの声明– COVID-19&サプライチェーンの 詳細はこちら

より良いセルフケアのためのヒント

セルフケアで健康状態を保つ

簡単な手順を踏むだけで、大きな違いを生み出すことができます。

積極性を保つ
最新の情報に通じることに関して、健全なバランスを保ちながらも、日々のソーシャル メディアやニュースの最新情報を確認することには節度を保ちます。 頭を過度の情報でいっぱいにしてしまうと、アドレナリンが過剰のままになってしまいます。

活動的な状態を保つ
運動する (室内よりも屋外が望ましい) ことで、不安感から放出された余分なアドレナリンを燃焼してください。 室内で運動する場合は、エクササイズ ビデオを試したり、家の中の整理整頓を行ってみたりするだけでも十分です。

人とのつながりを保つ
あなたのことを本当によく知っている友人や家族の成員に電話をかけて、彼らの声を聞いたり、あなたが今感じていることはごく普通のことであることを再確認します。

集中した状態を保つ
浅くて速い息を落ち着かせて、自分の体にすべては順調にいっているので、アドレナリンはこれ以上必要ない、というメッセージを送りましょう。 勇気を持って息を吸い、恐れの気持ちを吐き出しましょう!

セルフケアに関するこれらのヒントを教えてくださったのは、シュー・レノン氏です。同氏は評判の良い看護師、セラピスト、教育者、およびコーチで、泌尿器科学とストーマ ケアを含む腫瘍看護学の分野で約 30 年に及ぶ経験を持っています。 同氏は、看護師と患者の間のコミュニケーションと、「疾患に関する生きた経験」の理解に情熱を燃やしていますが、その目的は真の全人的ケアを提供することであり、国際的なワークショップや会議で頻繁に講演者として活躍しています。