優しさは健康に良い

ダンサック:新型コロナウイルス 感染症のパンデミック(世界的な大流行)に関する現在の状況 詳細はこちら

優しさは健康に良い

今日のやるべきことリストに少しの幸福感を加えます。

仕事を作ることも習慣になります。

今は自粛が正しいことであるとはわかっていても、精神的負担や自制できないという混乱した感情を抱くことがあります。 このような時期には、日常の習慣にどれほど依存しているか、毎日の進捗指標を見失うことがどれほど困難であるかを認識できます。

日課を味方にする
とにかく、日常の習慣を確立することが、毎日の健康状態を維持する秘訣です。 これには、適切な時間の起床、着替え、適切な食事、適度な運動、実行可能な一日の計画などが含まれます。

良いことの実践は、実践者にとって良いことである
日常の習慣とともに、つながりややさしさの時間が活力をもたらします。 ここで、いくつかのアイデアをご紹介します

挨拶だけでもする
隣人にカードを送る、あるいは電話で元気かどうかを尋ねる。 社会が機能するために働き続けている人たちに感謝の手紙を書きましょう。 感謝や善意の気持ちを受け取るのはとても良いものですが、それを渡すほうがもっと気持ちの良いものです。

新たなつながり方
ビデオ通話で若い親戚に料理を教える、またはオンライン夕食会を開く。 世界各国の誰かとオンラインでスクラブル、バックギャモン、チェスなどで遊びましょう。 会話は気軽なものにとどめ、笑うことを目的にします。

何か育てる
種を播き、苗を育てる。 台所のウィンドウボックスや、屋内の簡単なハーブでも気持ちが豊かになります。 さらに、食事に健康的な一品を添えることもできます。

セルフケアに関するこれらのヒントを教えてくださったのは、シュー・レノン氏です。同氏は評判の良い看護師、セラピスト、教育者、およびコーチで、泌尿器科学とストーマ ケアを含む腫瘍看護学の分野で約 30 年に及ぶ経験を持っています。 同氏は、看護師と患者の間のコミュニケーションと、「疾患に関する生きた経験」の理解に情熱を燃やしていますが、その目的は真の全人的ケアを提供することであり、国際的なワークショップや会議で頻繁に講演者として活躍しています。