エキスパートの取り組みと工夫


ストーマケアに関わるスタッフの教育や業務の効率化、オストメイトのQOL向上につながるエキスパート・ナースの取り組みと工夫を紹介


  • 術前オリエンテーションから始まるストーマケア‐貴田 寛子 先生(順天堂大学医学部附属練馬病院)‐
    ストーマ造設後の「ストーマ受容」や「セルフケア確立」にも影響する術前オリエンテーション。その重要性や一般的な実施方法、そしてより良く患者さんの理解やニーズに応えるためのポイントを、実際の施設での取り組みを含め、分かり易くご紹介頂いております。
    PDF を表示する


  • ストーマケアにおける院内連携‐明石 奈緒子 先生(医療法人財団 荻窪病院)
    ストーマケアは個別性が強く悩むケースも多いかもしれません。病院内の多部署が連携してストーマリハビリテーションを進めるためのポイントを、実際の施設での取り組みを含め、分かり易くご紹介頂いております。
    PDF を表示する


  • 緊急ストーマ造設 “前後” のストーマケア‐帶刀 朋代 先生(東京医科大学病院) ‐ ‐
    緊急手術で造設されたストーマは管理に難渋するケースも少なくありません。そうしたストーマに対するケアの取り組みや工夫を分かり易くご紹介頂いております。
    PDF を表示する