ローレン・ヘンダーソンはどうやって自分の翼を見つけたのか

ダンサックの声明– COVID-19&サプライチェーンの 詳細はこちら

ローレン・ヘンダーソンはどうやって自分の翼を見つけたのか

ローレン・ヘンダーソンは 4 年間の結腸クローン病との闘いで教職を失い、精神状態は最悪でした。

化学療法や他の強力な薬剤もいくつか試しましたが効果はなく、病状は深刻でした。 彼女はこの時期を「胎児のように丸まってトイレの床にうずくまっていた」、「1 日に 40 回もトイレに行った」と表現しています。このような状況でも、ストーマ装具の装着は彼女にとって考えるだけで恐ろしいものでした。

そこから数年後に早送りすると、ローレンの生活は似ても似つかないものになります。 結婚し、子供を育て、ストーマを持つ人々を支援する慈善団体 Purple Wings を立ち上げる自信を回腸ストーマの造設手術が彼女にもたらしたのです。 ローレンは、次のような言葉でストーマ造設手術への道のりの中での転機を振り返り、精神状態の悪かった時期にどのように対処したかを話しています。


2008 年、クリスマスの直前に、私の人生は最悪の状態になろうとしていました。 実際、私の人生は永久に変わってしまったと思うほどでした。 20 歳の大学生だった私は、それまで病気 1 つしたことがありませんでしたが、かなり頻繁にトイレに行くようになりました。

最初は、食中毒か何かだと思い、2 週間ほど様子を見ました。 しかし症状が続いたため、かかりつけの病院に行くと、医師はもう 2 週間様子を見てから、詳しく調べると言いました。

4 月になっても、私は答えを待ち続けていました。 なぜ 1 日に 40 回もトイレに行くのだろう。 なぜ、慢性的な痛みがあり、ぐったりと疲れているのだろう。 精神的にも嫌悪感と恥ずかしさを感じていました。

その後すぐに、私は内視鏡検査を受けることになりました。 私はそれまで鎮静剤を打たれたことも、そんな場所に内視鏡を挿入されたことももちろんありませんでした。 結果を聞いて、私は動揺し、落ち込みました。 私はクローン病だと告げられたのです。


「顔は風船のように膨れ始め、理由は全くわかりませんでした。だれも副作用について教えてくれなかったのです。」


臨床医に勧められ、私はステロイドと抗炎症薬の服用を始めました。 さらに、私は毎晩浣腸をしなくてはなりませんでした。 その結果、炎症を起こしている大腸に薬剤を留めておこうと、私は苦しみながら胎児のように丸まってトイレの床にうずくまりました。 私は自分の人生がこんなことになってしまったことを嘆き、ほぼ毎晩、床ですすり泣きました。

私は精神的にぼろぼろでした。 急にトイレに行かなければならないのがとにかく恥ずかしく、ステロイドの影響で自信を大きく失いました。 顔は風船のように膨れ始め、理由は全くわかりませんでした。だれも副作用について教えてくれなかったのです。 体重も急激に増加し、気分の動揺が激しくなりました。食べることが唯一の楽しみだったのです。

診断を受けたその週末に、何か恐ろしいことが起こりました。初めて漏らしてしまったのです。 私は、血と下痢にまみれたトイレの床に立っていたのを覚えています。 これが毎日の戦いになるとは、知る由もありませんでした。 私の人生は、病気に支配されていました。

私は教職課程を始めようとしていましたが、驚いたことに妊娠もしていたのです。 ボーイフレンドと私は別れたばかりで、彼はこの事態にかかわらないことを決め、私はシングル マザーとしてこの事態を乗り越えなければなりませんでした。 すべてが辛すぎました。 この時点で私はノイローゼになっていました。


「シングル マザーでフルタイムで働くということは、前に進み続けるしかないということでした。 休むという選択肢はありませんでした。」


私の息子、テディは私に生きる目的を与えてくれました。息子は私の人生の灯台のようでした。 しかし、新しい問題も起こりました。 たとえば、授乳中にトイレに行かなければならないとき、泣いている息子を置いていくのか、一緒に連れていくのか。 運転中にトイレにいかなければならないときは、息子を車に残していくのか、漏らしてしまうリスクを覚悟しながら連れていくのか。

病気は、私の人生のあらゆる面を支配していました。 シングル マザーでフルタイムで働くということは、前に進み続けるしかないということでした。 休むという選択肢はありませんでした。 ようやく私は少しのお金を貯めて、ベニドルムでの手頃な休暇をとりました。

ありがたいことに、私はステロイドの服用を止めることができ、腫れあがった顔は、だんだんと元に戻り始めていました。 離陸する飛行機で座っていると、16 か月の息子は座席から降りて走りたくて叫び始めました。 もちろんそれは許されないので、私は膝の上で息子をあやしながら馬鹿げた歌を歌い、その間ずっと、休暇を取らなければよかったと思っていました。 私は顔を赤くし、汗をかきながら、息子を落ち着かせようと必死でした。

すると、息子が笑いました。 私の後ろにいる誰かが懸命にテディを笑わせようとしていました。 私がおかしな顔をしている人を確かめようと振り返ると、キーランがいました。 それは、私の未来の夫になるその人でした。 この文章を書いている現在、私たちは結婚して 7 年になりますが、キーランは私の病気について驚いてばかりいます。


「手術前、私は脅えていました。 このバッグを身体につり下げている悪夢を見て、これから何が起きるのかまったく見当がつかない状態でした。」


キーランがプロポーズをしたその日に、私は手術が必要だと電話で告げられました。 この時点で私はヒュミラ (抗がん剤) を 8 週ごとに試していましたが、効果はありませんでした。 強力な化学療法も受けましたが、症状はまったく緩和されませんでした。

私は外出するのが怖くなり、着る物にうるさくなり (漏らしたときに備えて)、友人とも会わなくなりました。 私は完全に孤立していました。 仕事は厳しく、戻ろうとしても戻れませんでした。 精神的にも肉体的にも打ちひしがれてぼろぼろでしたが、外見は元気そうに見えるのです。

手術前、私は脅えていました。 このストーマ装具を身体につり下げている悪夢を見て、これから何が起きるのかまったく見当がつかない状態でした。 もしかすると、私の最大の心配事は、毎日処理しなければならない医療装具を付けることだったのかもしれません。 手術前日、私は、座ってビーンズ オン トーストを食べている息子を見ていました。 息子の幸せそうな顔を見て、私は、私の中で膨らんでいる病、その純粋な恐怖を息子が気付くことはあるのだろうかと思いました。

つまり、私の手術に対する気持ちが非常に前向きなものに変わったのです。 手術前にストーマ看護師が付き添ってくれたことも幸運でした。 彼女は、ストーマ装具がどのようなものか私に見せてくれました。私はそれを確認しましたが、頭の中で思い描いていたものとはまったく違いました。 スタッフは私に小さな不透明のオストミー パウチを手渡しました。それは、むしろ可愛らしく感じました。 それが ダンサックのノバライフの装具でした。

その瞬間、私は母を見て泣き出しました。 私は、自分の消化器官が少し変わることで、人生を取り戻すことになると理解しました。 ただ、手術がより充実した人生をもたらしてくれるとは予想していませんでした。 私は今、そうなりたかった母親になり、キャリア志向の教師として仕事も続けています。 何も恐れるものはありません。 これはキーランのおかげでもあります。彼は、私の手術後、とても喜んでくれて、私が元気そうに見えると言ってうれしそうでした。


「手術を受けようとしている方や既にストーマをお持ちの方に私が伝えたいことは、前向きな気持ちを持った人とつながることです。」


手術後、適応するのに時間がかかり、ストーマ装具が嫌になったこともありました。 それでも正直に言うと、より幸せを感じていました。 以前、私は、服も買い替えなければならないし、旅行も細心の注意を払って計画しなければならないと考えていましたが、何から何まで間違っていました。 病気のせいで何もできなくなっていましたが、私が手に入れたストーマは、心配なく生活するのを助けてくれるものでした

私の身体イメージは少し変わっただけです。 現在の私にとってストーマ装具は身体の一部であり、私は、自分を普通の人としか思っていません。 実際、ストーマがあると言うとみんな本当に驚きます。

手術後、私の精神状態も良くなりました。 4 年以上具合が悪く、自分のトイレ習慣をコントロールできずにいましたが、その悩みからついに解放されました。 他の人たちの多くがすぐにそのような気持ちにならないことはわかります。 そのため、私は、ストーマを持つ人が自信を取り戻すのを支援する慈善団体 Purple Wings を立ち上げました。

ストーマを持つ人の多くは、ストーマがあるということを受け入れていません。 私に皆さんは厳しい愛情を込めて「何ができる?」と尋ねるでしょう。私は、人生が私たちに変化球を投げてきていると彼らに理解してほしいのです。もちろん、ストーマが必要ないことは素晴らしいですが、これもまた人生であり、ただそこにあるだけではないのです。 私は、ストーマを持つことで生きているのです。

手術を受けようとしている方や既にストーマをお持ちの方に私が伝えたいことは、前向きな気持ちを持った人とつながることです。 ストーマを持つことを試し、その意味をシンプルに考えてください。消化器官が少し変わるだけです。 結局、私たちはみな排泄するのです。

また、ストーマを持つためにできなくなることと、できることのリストを作ることをお勧めします。私は自信を持って賭けますが、できることのリストは、できなくなることのリストよりずっと長くなります。

鍵は受け入れることです。 受け入れることが自信をもたらし、自信を持つということは素晴らしいことです。